ロボアドバイザー比較実証ブログ

ロボアドとひふみ投信の運用成績をひたすら比較するブログ

【ロボアド】実績比較 2019.08.22

f:id:monsieur5963:20190814100429j:image

最強のロボアドを見つけるブログ

 

節税効果ばかりクローズアップされているiDeCoですが、私にとってのメリット(利点)を整理してみました。

 

それは、

(1)運用コストが安い
(2)利益に対して非課税
(3)スマホで簡単に運用指示ができる

です。

 

(1)と(2)について少し補足します。

 

(1)について
私が加入している証券会社では、売買手数料は掛かりません。
信託報酬も、商品によりますが低いモノだと税抜0.25%程度です。


(2)について
通常の株取引等では、利益に対して20%の税金が掛かります。仮に1,000万円の利益が出たら、200万円が税金として徴収されます。iDeCoならこれが非課税なので、利益の全てが自分の資産になります。


利確を頻繁に繰り返す私の投資スタイルには、これらは大きなアドバンテージです。


ちなみに私は、下記の方法で年率10%を目標に運用しています。
iDeCoで資産を2倍にした方法

 

以下の様なデメリットがありますが、そもそも老後資金の形成が目的なので、特に問題に感じません。
原則60歳まで引き出せない。

 

〈今日の評価額〉

folio            96,177円
WealtNavi  96,120円
THEO          96,667円
楽ラップ    100,120円

 

〈参考〉

ひふみ投信 92,392円
日経平均株価   20,628円(+9)
NYダウ  26,202㌦(+240)