ロボアドバイザー比較実証ブログ

ロボアド4社とひふみ投信の運用成績を比較中

ロボアド リバランス

f:id:monsieur5963:20190811161724j:image

以前、デイリーで書いた内容を単独記事に再編集しました。

 

ロボアドのリバランスについて考えてみました。

 

リバランスとは、ポートフォリオの再構築のことです。
リバランスこそがロボアドの真髄だと考えます。

 

通常の投資なら、自分の勘や経験を頼りに行うべきところを、ロボアドはAI技術を使って最適解を導き出しリバランスを行います。

 

具体的なAIのアルゴリズムは公表されていないので、リバランスの頻度について整理してみました。

 folio(フォリオ)  ・・・・・6ヶ月
 WealtNavi(ウェルスナビ)・6ヶ月
 THEO(テオ)    ・・・・・・1~3月
 楽ラップ(ラクラップ)・・・3ヶ月

数字は、リバランスの間隔です。
数字が小さい方が、頻度は多いことになります。

 

実績と照らし会わすと、必ずしもリバランスの頻度と運用成績は比例しないようです。