ロボアドバイザー比較実証ブログ

ひたすらロボアドバイザーの成績を比較するブログ

私の恐怖体験

f:id:monsieur5963:20200506215419j:image

これは私が大学生ときに本当にあった出来事です。
私は大学2年生のときに1年間ほど雀荘でアルバイトをしていました。
その時の話です。

 

その雀荘は4階建ての雑居ビルの2階にあり、雀荘の他には靴屋さんや、レストラン、喫茶店が入っていました。

 

アルバイトの勤務時間は、夜10時から最後の客が帰るまで。
ワンオペで、仕事が終わる時間はだいたい深夜1~2時ぐらいだったと思います。

 

その雑居ビルは、深夜12時以降は電子ロックが付いた裏口からでしか出入りできません。
出入りするためには暗証番号が必要で、そこで働く人しか知りません。

 

深夜12時以降に帰る客がいれば店員が裏口まで客を案内して、ビルの外まで見送ることがルールになっていました。

深夜まで営業している店は、その雀荘だけだったので、最後の客を見送った後は、ビルの中には私しか居ないことになります。

 

その日も最後の客を見送った後、雀荘で出たゴミを外のゴミ置き場に運ぼうとしたときでした。

1階に続く階段を降りようとしたとき、

 

コツン コツン コツン ・・・

 

誰もいないはずの1階から、誰かが階段を上ってくる音が聞こえてきました。
階段の照明もつけずに…。

 

私の脳裏には、数日前に観たゾンビ映画のワンシーンが甦りました。

 

強烈な恐怖を感じ、
その場を離れようとしましたが、余りの恐怖のため、足に全く力が入りません。

 

私は一歩も動くとことができず、ゴミ袋を持ったまま、その場に立ち尽くすだけでした。

 

そうこうしているうちに、闇の中で動く物体の輪郭が見えました。

それは『犬神家の一族』に出てくる帰還兵に見えました。

この時、私の恐怖心は最高潮に達しました。

オシッコを、ちびりかけたのを覚えています。

 

次の瞬間、上ってくる物体の正体を悟りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


警備員さん

 

昇ってくる物体の正体は、ビル巡回警備中の警備員さんでした。

帰還兵に見えたのは警備員さんの制服でした。

 

警備員さんは、無言のまま私とすれ違って、また暗闇の中に消えていきました。

 

以前、このビルで自殺した警備員がいたとか、いないとか。

 

おしまい。