ロボアドバイザー比較実証ブログ

ひたすらロボアドバイザーの成績を比較するブログ

最強のロボアドを見つけるのだ ←click

コロナ後の世界

f:id:monsieur5963:20200426174019j:image

コロナ危機が収束しても、もうパンデミック前の世界には戻らないと確信します。

そんな訳で、コロナ後の世界を予想してみました。

 

・テレワークの普及

一部の業種では、わざわざ会社に行かなくても、遠隔で仕事ができることが証明されました。
この流れは、収束後も続くと思います。
ついては、以下の需要が増えると考えます。

 仕事用の高性能パソコン
 5GやWI-FIなどの通信インフラ
 安全な通信を確保するためのセキュリティ・サービス
 ネット通販や宅配サービス

またテレワークは、都心で事業を行ったり、都心に住む必要がなくなるので、以下の様な現象が考えられます。

 都心のマンション価格の下落
 都心の賃貸物件の家賃下落
 都心の商業物件の家賃下落

 

・国内生産回帰

マスク不足やトイレットペーパーのデマによって、生活必需品の海外依存は危険であることを認識したはずです。
今後は、多少価格が上昇しても、生活必需品の国内生産の割合は増えると思います。

また、既に一部のパソコン・メーカーなどは、国内生産に舵を切っています。

国内生産の最大の課題はコスト、特に人件費です。

解決手段として、産業用ロボットAI技術を駆使した省人力化が進むでしょう。

 

・少子化の加速

新型コロナウイルスは、人と人との交流の機会を奪いました。
この閉塞した状態が数年間続けば、確実に出生率に影響します。

 

少子化はあらゆる産業に影響します。

特に鉄道やバス会社は、テレワークと少子化のダブルパンチを喰らうことになるでしょう。

 

以上です。

コロナ後の世界は、決して明るくないと思います。
株価のV字回復もないと思います。
リストラの嵐が来ないことを祈ります。
これをきっかけに、第一次産業最強説が生まれたりして。